サービストップ 特別養護老人ホーム ショートステイ デイサービス
ショートステイ 短期入所生活介護
「また会いたい、また来たいと言って頂くために」を目標に、利用者にとって楽しみとなるよう心がけます。
  • ケアプランに基づいて、利用者の心身の状況や要望に応じ一日の生活の流れに沿って、離床、着替、整容、食事、排泄、入浴などの日常生活上の世話を適切に行います。
  • 利用者の健康管理、身体の保清を行ないます。
  • 家族の身体的精神的負担の軽減を図ると共に利用者の気分転換を図り、在宅生活の継続を支援します。
  • 慣れない環境での生活に対する不安を軽減できるよう、スタッフ全員による温かい対応を心掛け、在宅生活のリズムを大切にします。
サービス内容
 
 
   
入 浴   給 食   送 迎
 
     
 
・利用ベッド数 8床
・送    迎 座位のとれない方でも、ストレッチャー、リクライニング等を利用し、ベッドまでお迎えに行きます。
・入    浴 例)4日間のご利用で2回の入浴を予定しています。
  (体調により入浴できない時は清拭します)
・食    事 ご本人の状態に合わせて、食形態の変更が可能です。
・居    住 居室は全て多床室になります。
 
 
サービス利用料及び利用者負担
  認定区分・加算 単位 費用総額
(×10.55)
地域加算(円)
利用者負担
(10%)(円)
利用者負担
(20%)(円)
基本額 要支援1 438 4,620 462 924
要支援2 539 5,686 569 1,138
要介護1 599 6,319 632 1,264
要介護2 666 7,026 703 1,406
要介護3 734 7,743 775 1,549
要介護4 801 8,450 845 1,690
要介護5 866 9,136 914 1,828
加 算 送迎(片道) 184 1,941 195 389
サービス提供体制加算(I) ロ 12 126 13 26
夜勤職員配置加算(I)
※要支援1・2は非該当
13 137 14 28
介護職員処遇改善加算(I) ※総単位数(基本サービス費+各種加算)×
サービス別加算率(5.9%)×地域加算(10.55)
に対する1割又は2割が利用者負担。
減 算 長期利用者に対する減算 連続して30日を超える利用の場合、30単位/日を減算。
保険給付外サービス
  • 食事の提供に要する費用(食材料費用及び調理費)
    利用者に提供する食事の材料費及び調理費にかかる費用です。
    実費相当額の範囲内にて負担していただきます。ただし、介護保険負担限度認定証の発行を受けている方につきましては、その認定証に記載された食費の金額のご負担となります。
    ●食事の提供に要する費用
    第1~3段階
    食事基準費用額
    介護保険負担限度額認定証に記載されている額 一般
    第4段階
    第1段階 第2段階 第3段階
    朝:300円
    昼:580円
    夕:500円
    1日:1,380円
    1日 300円 1日 390円 1日 650円 朝:500円
    昼:630円
    夕:580円
    1日:1,710円
    (利用者負担上限額)
    欠食の場合は2日前までに申し出て下さい。衛生管理上、食事の持込みはご遠慮願います。
    入院等で急遽食事の提供を止める場合、準備の都合上、料金を頂きます。(提供時間前3時間)
  • 居住費(滞在に要する費用<光熱水費>)
    ●居住(滞在)に要する費用(1日)
    介護保険負担限度額認定証に記載されている額 一般
    第4段階
    第1段階 第2段階 第3段階
    0円 370円 370円 840円
    個室(1室)については、国の面積基準に達しないため、多床室と同様の算定となります。
    介護保険負担限度額認定証を事業所へ必ず提示して下さい。
  • 理美容代(月2回程度不定期で実施)
    ボランティアとの取り決めによる金額+物品購入費用(道具代等)の負担分100円/回(利用者の希望によって提供した場合)
  • クラブ費(生け花クラブ)
    材料費として600円/回
その他
【利用料】
ア、交通費・・・通常のサービス提供地域(又は送迎地域)以外の地域についてのみ、所定の交通費(実費相当)が必要となります。(別途見積もり致します)
イ、利用料は、次の方法によりお支払いいただきますようお願いします。
 ・自動口座引き落とし(ご指定の金融機関の口座からサービスご利用の翌月27日に引き落とします)
ウ、ご利用額の計算方法
A(上記の合計単位×地域加算10.55)×90%又は80% = B保険給付額
A - B = 利用者負担
利用者負担+保険給付外サービスの利用 = ご利用料金
キャンセル
  1. 利用者がサービスの利用中止をする際には、速やかに所定の連絡先までご連絡ください。
  2. 利用者の都合でサービスを中止する場合には、できるだけサービス利用の前々日までにご連絡ください。前日又は当日のキャンセルは、次のキャンセル料を申し受けることになりますので、ご了承ください。(ただし、利用者の容態の急変など、緊急やむを得ない事情がある場合は、キャンセル料は不要です。)
  3. キャンセル料は、利用者負担の支払いに合わせてお支払いいただきます。
時  間 キャンセル料
サービス利用日の前々日まで 無  料
サービス利用日の前日まで 利用者負担金の50%
サービス利用日の当日まで 利用者負担金の100%